現場の必需品

安全靴を知っていますか?安全靴というのは、現場などで履く作業靴です。先芯が入ったスニーカーなども安全靴と呼ばれる事が多いですが、実際に安全靴と呼称していいのは、JISのマークが付いた靴のみです。ですので、ご自身の働く現場の環境に合わせ、より安心な安全靴を購入すると良いでしょう。

よくある質問

女性用の安全靴もありますか?

女性に合わせたサイズで設計された安全靴ももちろんあります。通販サイトで女性用と絞る事も可能です。

洗濯の出来る安全靴もありますか?

洗うことの出来る安全靴ももちろんあります。ですので、業務上どうしても安全靴を定期的に洗わないといけないという方は、そういった安全靴を選ぶと良いでしょう。

可燃物を扱っているので、火災などが怖いです。

安全靴の中には、静電気を予防してくれるタイプの安全靴もありますので、不安な方は静電靴を選ぶと良いでしょう。

作業員

2つの規格がある

安全靴は工事現場など危険の多い場所で使用するために、安全性が高く作られている靴のことです。靴の先に芯が入っており、万が一重いものが落ちてきても指を保護してくれます。また、一概に安全靴といっても、職種に合わせて種類があるのが特徴です。JIS合格品はH種、L種、S種に分けられ、JSAA認定品はA種とB種があります。それぞれ、衝撃に対する耐久力や耐圧迫性が異なります。剥離性に関しても、耐久性に細かい規定が設けられています。

現場に合わせて選ぶ

安全靴の基準を満たしているものは、JIS合格品とJSAA認定品というマークが表示されています。JIS合格品は、革製で耐久性が高いのが特徴で、JSAA認定品は人工皮革製品で軽く、デザイン性が高いのが特徴です。建築現場ではより基準の厳しいJIS合格品、設備関連の工事現場ではJSAA認定品でもOKな現場もあります。また、食品加工系の工場などでは、油で滑らないように耐油性能のある安全靴が推奨されています。

規格によって価格も変わる

安全靴の価格は、JIS合格品かJASS認定品であるか、靴の素材、デザインによっても異なります。JIS合格品の一般的な相場は5000円前後、JASS認定品の相場は3000円前後です。ローカットの靴よりもハイカットのデザインの方が価格が高くなる傾向があります。店舗で購入する場合は、季節ごとに行われるセールで安く購入することが可能です。また、ネット通販でもまとめ買いをするなどで安く購入することができます。

作業靴として評判が高い

安全靴は作業靴としてのイメージが強いですが、デザイン性の高いものもあり評判も上々です。作業着に合わせて靴を変えるなど、仕事中のファッションも楽しめるとの意見も多くみられます。実用性、デザイン性に優れた靴として安定した人気を誇ります。